低金利キャッシングランキングクチコミ

ブラックでは審査に通りにくいわけ

ブラックリストに載ってしまえば、キャッシングの審査に通ることは難しくなることは確実です。ブラックリストとは信用情報機関の個人信用情報の事故情報の記載で、遅延や債務整理などの金融事故が記載されています。
ブラックリストに記載されている事実は融資をする方にとって考えてみれば、すべての金融事故が融資したお金を返してもらえなかった事実の記載です。融資する側にしてみれば、融資して一番ダメなことは融資したお金が返ってこないことですから、お金が返ってこない可能性のある融資は審査で落としてしまうことは当然といえば当然のことです。極端な言い方をすれば、ブラックリストに載っているような人には借りてほしくないということです。融資するほうにとっては法定の金利しか適用することはできませんから、リスクが高い融資であっても法定金利以上の金利は請求できません。なるべくリスクの低い融資を高い金利で実施したいのは本音であるといえるのです。

無職の方のキャッシング

キャシングは、お金を借りて、それに所定の金利を上乗せして、毎月返済を行っていくというのが基本になってきますので、毎月返済を定期的に行えないなと消費者金融等が考える場合、審査は通らず、キャッシングを利用できないということになります。
無職の方の場合、私たちが普通に考えても、上の条件に適合してしまいますので、審査に通るのは、一般には難しいだろうと思います。
ただし、現状で無職の場合であっても、体裁を少し変えることで、審査に通りやすくなる環境をある程度整えることはできないこともありません。
そのうちの一つの方法は、実際に就業してはいなくても、派遣会社に登録を行って、派遣会社のいわゆる傘を借りるという方法があります。
派遣会社への登録自体は、申込みを行ったその日に完了するはずですので、これで外形上の体裁は整えることはできます。
ただし、実態として無職のまま、キャッシングをしても、将来展望が開けるかというと、なかなか厳しい面もあるでしょうから、やはり定職に就いてから、キャッシングするというのが通常の用法だとは思われます。

最新情報